出会い系サイトは無料で相手を見つける事が出来るなら、当然有料サイトじゃなくて無料サイトを利用したいと考える人の方が多いでしょう。
しかし、サイト運営側もボランティアではありません。サイトを運営するためには何かとお金がかかります。無料のサイトの場合それを広告収入で補う
わけですが、登録数が多い大手のサイトならともかく普通のサイトでは広告収入だけでは補う事は出来ないでしょう。
それならどうしているのか?というと別口で収入があるのです。この別口とは何かというと、例えば不当請求だったり、登録者のアドレスを
他のサイトに売ってしまっていたり、無料サイトを装った有料サイトだったり、リンクを貼ったワンクリック詐欺だったり・・・・と方法は
さまざまですが、いろんな方法でサイト利用者からお金を騙し取ろうとしているのです。

かといって、有料サイトならセキュリティなどにもお金をかけていて安全なのか?というとそうだとも言えません。
特にポイント制のサイトの場合、サービスを利用するたびにポイントが消費されます。例えばメール一通送るのに○ポイントという感じです。
一回一回はたいした金額ではないので気になりませんが、塵もつもれば山となるの言葉通り、気がつけばすごく高額な請求書が届いて
真っ青になるなんて事も珍しい事ではありません。

それを後押ししているのはサクラの存在です。メールのやり取りが長引くように話題をのらりくらりかわして、それでいて一日に何度も
メールを送らせるように仕向けてポイントを稼ごうとします。以前は生身の人間がサイト運営側に雇われて仕事としてサクラをしていたものですが、
最近は人間ですらなくなり、サクラはコンピューターになったと言われています。出会うためのサイトで延々とコンピューターとだけ
やり取りしていた・・・・なんて状況では笑うに笑えませんよね。

関連記事